2017年9月24日

営業時間の(試験的な)変更のお知らせ

営業時間の(試験的な)変更のお知らせです。10月1日から31日までの一か月間、試験的に営業時間を10:00から22:00までに変更いたします。開店時間を2時間早め、ひとの動きを見てみよう、という試みです。ご近所で午前中のほうが動きやすいという方、中央線の古本屋めぐりで午前中のうちに一店まわっておきたいという方、ぜひご利用ください。もちろん買取にも対応できます。まずは一か月、よろしくお願いいたします。

2017年9月18日

どうもありがとうございました

Independent Bookstore's BOOK FES 2017、無事終了しました。足を運んで下さったみなさま、どうもありがとうございました。一日目はずっと雨が降っていたにも関わらず客足が途切れることがなく、驚きました。二日目はそれまでの心配とは裏腹に炎天と言ってよいほどの好天。主宰のCat's Cradleが閉店するため今回が最後のイベントとなりましたが、全四回のイベントのうちでも最も盛り上がったのでは。

Cat's Cradleのみなさま、いっしょに出店して下さった本屋のみなさま、水中書店スタッフ、本当にありがとうございました。個人的にも一区切りついたようなすっきりした気持ちです。水中書店は今後はイベントでの出店は控え、これまで以上に店に注力しようと考えています。今後ともよろしくお願いします。

2017年9月17日

9月17日、早じまいします

9月17日、少し早めですが、今日は店じまいにします。よろしくお願いします。明日は通常営業です。

2017年9月16日

Independent Bookstore's BOOK FESのお知らせ

明日から早稲田のCat's Cradleにて、Independent Bookstore's BOOK FESがはじまります。台風が近づいてきているなかでの開催。たくさんのひとにイベントに足を運んでいただきたい気持ちと、もうまったく無理をする必要はなくこういうときは家にいるのが一番という気持ちがせめぎ合っています。お越しになる場合はどうか本当にお気をつけて。会場はブック・カフェの店内ですので、着いてしまえば快適に過ごすことができると思います。
三鷹の店のほうは天候のこともあり休むことも考えたのですが、今のところは通常どおり営業しようと思っています。もし途中で早じまいをするときはすぐにこのブログでお知らせします。遠方からお越しの際は直前にブログをチェックしてからにしていただいたほうがよいかも知れません。

2017年9月14日

戯言

週末台風予報。
古本祭典台風直撃。
我心配也。

本日南米文学読了。
大変満足。

最近夜間来客少数。
超暇。
営業時間変更思案。
例十一時開店九時閉店。
意見募集。

馬場先生十一匹猫資料発見報道。
興味津々。

2017年9月13日

購書日記(7)

定休日の火曜日は朝から雨。午前中に店に行き、パソコンに向かってひと仕事。午後と言うより夕方か、外に出ると雨はあがっていた。南口の啓文堂書店でe-honで注文していた本を受け取る。山崎佳代子『秘やかな朝』(書肆山田)、本橋成一『青函連絡船の人びと』(津軽書房)、岸本尚毅『高濱虚子の百句』(ふらんす堂)、『第三回田中裕明賞』(ふらんす堂)の4冊。それぞれ手にしたくて堪らなかった本。店員さんが輸送用のパッケージから本を取り出してくれるのを眺めながらも、うれしい。近くのドトール・コーヒーで買ったばかりの本を撫でまわす。しみじみうれしい。今読んでいる本の話も。フリオ・リャマサーレスの『無声映画のシーン』(河出書房新社)と大浦康介『対面的』(筑摩書房)。リャマサーレスは数日前に読み終えた堀辰雄の作品にも通じるような、捉えどころのない心像の揺らぎを現実のイメージ(映画、写真、絵画、鏡や硝子窓の反映)に喩えて描く仕方がとてもうつくしくて好きだ。『黄色い雨』(河出文庫)にも写真、鏡や硝子窓の反映の比喩が多かったような気がする。

2017年9月8日

お知らせ

東京四季出版から刊行された福田若之句集『自生地』の帯に短い推薦の言葉を寄せさせていただきました。紀伊國屋書店の梅﨑さん、葉ね文庫の池上さんといっしょに。この句集、とても面白いのですが、そのボリュームや構成、数々の仕掛けや賭けられた作者の感情を思うとその「面白さ」を評するのにはかなりの覚悟が必要なはずで、今はその覚悟がないのでもろもろを回避するためにもあえて浅薄な言葉で。とにかく、めちゃくちゃ面白い句集です。俳句だけではなく、現代の小説や批評の読者、映画や音楽や美術やマンガに関心のあるひとにも読んでもらえたら。たとえばポール・オースターが好きなひと、ロラン・バルトが好きなひと、ジョナス・メカスが好きなひと、山本直樹が好きなひと、そういうひと達がこの句集を好きになるという可能性が全然ある。めちゃくちゃある。そういう開かれた書物です。

2017年9月3日

夏季休業のお知らせ、ふたたび

「夏季」と言うかもう秋ですよね。なんだかすみません。何はともあれお休みのお知らせを、しつこく。明日4日(月)から6日(水)までの三日間、水中書店はお休みとなります。ご了承ください。

火曜以外の曜日に休めるのも稀なので、予定をいろいろと考えるのがたのしいです。ひさびさに中央線の火曜定休の古本屋に足を運べるな、とか、青いカバにも行ってみたいけど遠いな、とか、Titleで面白そうな展示をしていると聞いたな、とか、映画もいいな、とか、とにかく明るいうちから吞みたいな、とか。