2017年11月15日

購書日記(10)

火曜日は定休日。ゆっくり起きて、店で少し作業。源泉徴収分の納税などで税務署へ。お金を払い、領収書を受け取るだけで1時間ほどもかかってしまう。そういうものなのか。池袋でひとと会い、それだけで帰るのがもったいなくて古書往来座へ。『誓子自選句集』(新潮文庫)、中村真一郎編『立原道造詩集』(角川文庫)、阿部良雄『若いヨーロッパ』(中公文庫)と、絶版文庫をあれこれ買う。いずれも書き込みアリだがお買い得だった。吉祥寺のBOOKSルーエでは伊藤詩織『Black Box』を買い、三鷹の啓文堂ではe-honで注文していたバーバラ・ジョンソン『批評的差異』を受け取る。その頃にはもう日も暮れていて、妻は用事で出かけているのだと気づいてカフェとバーミヤンを梯子して読書。ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』とトルーマン・カポーティ『誕生日の子どもたち』を読んだ。「クリスマスの思い出」は同じカポーティの『ティファニーで朝食を』でも読んでいた。寂しくて暖かくて、とても好きな短編。バーバラ・ジョンソンを読みはじめ。

0 件のコメント: