2017年11月1日

いろいろ

11月がはじまったところで久々の更新です(本当は昨夜更新したのですがあまりにもテンションが低くて自分で読み返しても萎えるような代物であったため削除しました)。まずはお知らせで、今月から営業時間が変わります。11月は11:00~22:00の営業、12月からは11:00~21:00の営業となります。ご不便をおかけする方もいらっしゃると思いますが、ご理解のほどお願い申し上げます。


10月、雨が多くて古本屋的にしんどかったというのもあったが、試しに10時開店にしたのが堪えた。10時開店だと8時台には起きなければならないのだけれど、もうどうにもこうにも。本当に早起きが苦手なのだと。それまでは開店前に読書時間をつくっていたのでこれも儘ならず、本当に本の読めない一か月でした。けっこう前の投稿でツヴェタン・トドロフを読んでいるという話をしましたが、まだ読んでいます。……。今月はもっと本を読む時間がつくりたい。


26日は兄の誕生日でした。兄の好みや欲しいものがまったく分からず、姪に宛てて絵本を送ることで、兄には子どもに本を読む機会を提供する、という風にここ数年はしている。それでも文句を言って寄こさないのだから、理解があると言えなくもない。今年はエリック・カールや11ぴきのねこの本を送りました。気に入ってくれるといいな(姪が)。


いつも均一の本を買ってくれるお客さんが地域の歴史に詳しくて、たまにお話を伺うのがたのしい。この間は武蔵野東学園の創設者、北原キヨの話をしてくれた。自分には未知の人だったが自閉症の児童教育の分野ではとても著名なひとらしい。自閉児を健常児から隔離するのではない混成学級を基礎として武蔵野東幼稚園を開園。これが現在の武蔵野東学園の前身ということらしい。関連書もかなり出ていて、機会に恵まれれば力を入れていきたい分野でもある。まずは何か一冊でも手元に置いて読んでみようと思う。


某日。久しぶりに「日本の小説家では誰が一番好きなの?」と訊かれて考え込む。「堀辰雄か福永武彦ですかね……」と答えたものの、どうにも自分で釈然としない。後でほかにも答えようがあったのではないかと思い悩む。庄野潤三、小沼丹、山川方夫、遠藤周作、山田稔、尾崎翠……。なかなか決められない。いや、もちろん堀辰雄も福永武彦も大好きなのだけれど。数年前に神保町の老舗の番頭の方にみんなで同じような質問をしたとき「志賀直哉」と即答されたのを思い出す。あの歯切れのよさ。


東京でも木枯らし一号が吹いたとかで、めっきり寒くなった。年末が近づいてくる。うろ覚えだが、今年のはじめには新しいことに挑戦する一年をどうにか乗り越えられれば、ということを一年の目標にしたはず。従業員を雇いながらのやり繰りにも少しずつ慣れてきた。今年も残すは二か月ばかり。滑り込むように、少し攻めの姿勢に転じつつ年を越したい。

0 件のコメント: