2017年12月7日

買取について

12月に入り、少しずつ店頭買取や出張買取の問い合せが増えてきました。また、年末の大掃除、中掃除にあわせて読み終わった本、棚に入らなくなった本の処分を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そういうときには、ぜひ弊店をご利用ください。まだスケジュールに空きはあります。そういうことで今回は買取についてです。

店頭での買取は一冊から受け付けています。文庫、新書、コミック、絵本、一般書、専門書など幅広いジャンルの取り扱いがあります。特に力を入れているのは、映画、美術、写真、建築、デザイン、外国文学、現代思想、社会思想、詩歌俳句などの文芸全般です。これらの硬めのジャンルでは洋書も積極的に買取しています。

出張買取について。たとえば武蔵野市、三鷹市のご近所の方ならば、引っ越し用の段ボール箱で一個以上を目安にぜひご相談ください。調布市、小平市、西東京市、小金井市、国分寺市、杉並区、練馬区、中野区の方ならば、引っ越し用の段ボール箱で二個以上を目安にご相談ください。そのほかの町にお住いの方ももちろん歓迎します。内容次第では遠方にお伺いすることもできます。
これらはあくまで目安で、内容次第では買取に伺えない場合もありますが、反対に少量でもお引き受けできることもあります。まずはお電話を。

ちなみにここ最近の出張買取の実例としては、①同じ町内でコミック4箱、②緑町でコミック6箱、③井口方面で社会思想関連の単行本と新書本が小さめの箱に3箱、④阿佐ヶ谷で教育学、社会学、文庫本が250冊前後、⑤国分寺市で絵本、児童書、美術書が300冊前後、⑥荻窪でクラシックCDが2箱、などなど。

いろいろと書いてきましたが、何はともあれ本の処分をお考えの際は、ぜひ弊店にご相談ください。お話をするなかで、その本のよりよい活かし方をいっしょに考えていければと思います。よろしくお願いします。

0 件のコメント: